HOME  BLOG  
酸性、アルカリ性・・・IRESUの縮毛矯正は酸性!!くせ毛で悩んでいるサラサラツヤツヤになりたい人はIRESU小樽店で縮毛矯正を!!


STAFF BLOG

酸性、アルカリ性・・・IRESUの縮毛矯正は酸性!!くせ毛で悩んでいるサラサラツヤツヤになりたい人はIRESU小樽店で縮毛矯正を!!

Date: 2019.04.02(Tue) Writer: tomo Category: tomo, 縮毛矯正

こんにちは、さかぐちです。

 

さてさて前回はこれから増えてくる酸性の縮毛矯正についてお話をさせていただきました。

くせ毛でお悩みのかた!!酸性スピエラ縮毛矯正で艶髪ストレートヘアになりませんか?!縮毛矯正するならIRESU小樽店で!!

 

ヘアケアする前にまずは正しいシャンプーできていますか? Aujuaの効果を最大限に引き出す正しいシャンプーの仕方☆IRESU小樽編☆

 

 

今日はこの辺りを詳しくお話を改めてさせていただこうかなと思います。

 

 

まずなぜ酸性がいいのかというお話。

 

髪の毛はもともと健康な時は弱酸性というお話を前回少しさせていただきました。

中学生ぐらいにやった酸性、アルカリ性のお話です。髪の毛もこの酸性、アルカリ性が大きく関係してきます。

 

この酸性、アルカリ性を数値で表したものをPH(ペーハー)といい0~14の数字で表されます。

数字が低いほど酸性で数字が大きいほどにアルカリ性になります。

 

PH7はちょうど真ん中なので中性になります。水道水は大体PH7ぐらいですね。

 

髪の毛は健康な状態はPHで表すと4.5~5.5。

 

ここが安定している状態です。

 

 

カラー、パーマ、縮毛矯正をするときは薬剤を髪の中に浸透させなければなりません。

 

上の図でいうコルテックス細胞に薬剤を作用させて様々な施術ができるようになります。

 

が・・・このコルテックスに薬剤を反応させるのにただ薬剤をつけただけだとキューティクルが薬剤をはじいてしまいコルテックスまでたどり着きません。

 

そこでこのPHをコントロールしていきます。

髪の毛のPHがアルカリ性になるほどに表面のキューティクルが開くつくりになっています。

薬剤を浸透させるためには基本は髪をアルカリ性にしてキューティクルを開きコルテックスに薬剤を浸透しやすくしていきます。

 

 

薬剤の浸透を助けるアルカリ、それと同時にダメージも生じます。

キューティクルを無理やり広げるのでPHの高い薬剤や回数を多く薬剤を使うとキューティクルが欠損します。

キューティクルがなくなってしまうと髪の表面を保護するものがなくなるのでコルテックスが外に流出しやすくなり髪の強度がさがりダメージになります。

 

さらには髪の毛がアルカリ性になることでアルカリ膨潤ということが起きます。これはアルカリ性になることで髪が柔らかくなり膨張しやすくなります、膨張することで薬剤の通り道を広げ薬剤の浸透を助けます。

ただし髪が柔らかく強度が下がるためダメージもしやすくなるということになります。

 

アルカリ性薬剤を使うときは薬剤のPHがどれだけあるのかを理解してその髪にあわせたPHコントロールが必要になります。

 

縮毛矯正の薬剤などは一般的なものはこのアルカリがかなり高いものが多いです。

 

ちなみに市販のカラー剤などもこのアルカリが高いものが多くご自宅で簡単にカラーができるメリットがありますが同時にダメージも大きく受けてしまします。

 

 

 

なるべくであればこのアルカリにしないような仕事が望ましいですね。

 

 

 

IRESUの酸性矯正はこのアルカリ性の薬剤はほとんど使いません。

 

スピエラという酸性の薬剤を使います。アルカリ性ではなく酸性。

 

スピエラという薬剤が特殊な性質をもっていて髪の毛をアルカリ性にしなくてもコルテックスに浸透する力をもっているんです!

 

このスピエラを使うことによりキューティクルを損傷させず、アルカリ膨潤もさせず縮毛矯正ができます。

 

そうすることで髪の毛の表面が傷まず柔らかくならないので仕上がりが艶をキープしたままの状態でいることができるのがこの酸性矯正の特徴なんですね。

 

 

 

 

 

今までの縮毛矯正でダメージなどを感じている方も多いはずです。

 

IRESUの縮毛矯正をぜひお試しください!!

 

 

IRESU小樽店、今季おすすめ春のトレンドカラーは??プラスaujuaトリートメントでカラーの質感を最大限に引き出します!!