HOME  BLOG  
パーマがかかりづらい髪質には、、、


STAFF BLOG

パーマがかかりづらい髪質には、、、

Date: 2018.08.26(Sun) Writer: tomo Category: Perm, tomo, ブログ

こんにちは、さかぐちです。
.

.

まずはお知らせ。

.

.

お店のアプリができました!!

googleplay、Apple Storeで「イレス」と検索してください。

アプリから24時間ネット予約が可能です。お得なクーポンもあります!!

ネット予約が×が付いていても予約が取れる可能性があるので、そんな時はお電話で予約確認してみてください。

よろしくお願いします。

ホットペッパーの予約も一時受付していませんでしたが予約の受付を再開しました。

ただ料金設定がアプリからのご予約のほうがお得になっていますのでご確認のうえご予約をお願いします。
.

.

.

お店のライン@の登録はお済ですか??

なにかわからないことや髪の毛の悩み、スタイルの相談などライン@でも受け付けていますのでご登録がまだの方はぜひ登録よろしくお願いします。

ID:@hee3989b

.

.

gdcカットスクール、カットベーシックコース卒業。

gdcカットスクール、カットアドバンスコース卒業。

MILBON Aujuaソムリエ認定。

SPAパーマスクール卒業。

髪の毛には体力があります。ダメージを気にせず無茶なカラーリング、パーマなどを繰り返すと髪の毛のたんぱく質が減り体力が減っていきます。

体力が減り傷んだ髪の毛は艶がなく手触りも悪くなります。いくらスタイルが素敵でも傷んでいたら何もいいスタイルには見えません。

おうちでのスタイリングも傷んでいるとうまくできなかったりしてストレスになります。

なるべく傷ませないような施術としっかりしたケアをすることで艶もよく手触りもいい素敵なスタイルが生まれます。

サロンでしっかりケアをしてご自宅もしっかりケアすることが可愛いスタイル、素敵なスタイルをつくることにつながります。

髪をもっときれいにしたい、傷んだ髪を頑張ってケアしていきたい・・・様々な髪の悩みを一緒に改善していけるような施術内容、ケアの仕方をおひとりおひとりのスタイルに合わせてしっかりご提案させていただきます。

.

.

.

今日のお客様はデジタルパーマでご来店です。

まずはビフォー。

 

カラー、パーマ、矯正履歴がない健康毛へのデジタルパーマです。

疎水がつよく細毛、直毛でいかにもパーマがかかりづらい髪質です。

カラーやパーマ履歴がある方は大体酸性の薬剤でパーマをかけていきます。

アルカリ性に振らなくてもある程度カラーなどでアルカリに傾いて軟化しているからです。

パーマは軟化といって髪を柔らかくしてパーマがかかりやすくします。

そこに還元といって髪の中がパーマがかかる状態になってはじめてパーマがかかります。

バージン毛の場合酸性の薬剤で還元はしますが軟化してないためパーマがかかりづらいです。

うちのデジタルパーマはダメージを少なくするため低温の設定なので熱の力も弱く設定しています。

そんなバージン毛はアルカリ性のパーマ液をつかいます。

ただし単純にかかりづらいからといって強い薬をなにも考えず使うのはダメージになります。

アルカリ性にはふりますが、その人の髪質にどのぐらいアルカリが必要かを見極めて薬剤を調合します。アルカリをどのぐらい減らしていけるかがダメージすくなくかけられるかのポイントです。

そんなアルカリの薬剤を使いデジタルパーマをかけました。

アフター。

 

 

 

乾かしただけで柔らかくカールがでるようになりました。

乾かすだけでまとまる。デジタルパーマのいいとこですね!!

次回はメンテナンスのカットと夏の頭皮をリセットするのにヘッドスパでおまちしてます。

ありがとうございました。