HOME  BLOG  
きれいな髪は疎水性!!


STAFF BLOG

きれいな髪は疎水性!!

Date: 2018.06.29(Fri) Writer: tomo Category: tomo, Treatment, ブログ

こんにちは、さかぐちです。

.

.

7月のお休みのお知らせです。

火曜日は定休日です。

それ以外のお休みは1日(日)、13日(金)、23日(月)となります。

よろしくねがいします。
.

.

そして担当のスタイリストが休みだったり、たまに気分を変えて違うスタッフにやってもらいたい!!なんて思っている方もいると思います。

うちのお店はスタッフ指名変更アリです!!ぜひいつもと違うスタッフに担当してほしい時などはご遠慮なく担当スタイリスト変更したください!!.

.

.

さらにお店のアプリができました!!

googleplay、Apple Storeで「イレス」と検索してください。

アプリから24時間ネット予約が可能です。お得なクーポンもあります!!

ネット予約が×が付いていても予約が取れる可能性があるので、そんな時はお電話で予約確認してみてください。

よろしくお願いします。

ホットペッパーの予約も一時受付していませんでしたが予約の受付を再開しました。

ただ料金設定がアプリからのご予約のほうがお得になっていますのでご確認のうえご予約をお願いします。
.

.

.

お店のライン@の登録はお済ですか??

なにかわからないことや髪の毛の悩み、スタイルの相談などライン@でも受け付けていますのでご登録がまだの方はぜひ登録よろしくお願いします。

ID:@hee3989b

.

.

gdcカットスクール、カットベーシックコース卒業。

gdcカットスクール、カットアドバンスコース卒業。

MILBON Aujuaソムリエ認定。

SPAパーマスクール卒業。

髪の毛には体力があります。ダメージを気にせず無茶なカラーリング、パーマなどを繰り返すと髪の毛のたんぱく質が減り体力が減っていきます。

体力が減り傷んだ髪の毛は艶がなく手触りも悪くなります。いくらスタイルが素敵でも傷んでいたら何もいいスタイルには見えません。

おうちでのスタイリングも傷んでいるとうまくできなかったりしてストレスになります。

なるべく傷ませないような施術としっかりしたケアをすることで艶もよく手触りもいい素敵なスタイルが生まれます。

サロンでしっかりケアをしてご自宅もしっかりケアすることが可愛いスタイル、素敵なスタイルをつくることにつながります。

髪をもっときれいにしたい、傷んだ髪を頑張ってケアしていきたい・・・様々な髪の悩みを一緒に改善していけるような施術内容、ケアの仕方をおひとりおひとりのスタイルに合わせてしっかりご提案させていただきます。

予約についてのお知らせです。

重要!!さかぐちの予約についてのお知らせ。

さて今日は前回お話を少ししていた親水性、疎水性についてなるべく簡単に書いていこうかなと思います。

なぜ髪の毛を疎水性にちかづけなければならないのか・・・。

髪の毛はもともと水をはじく性質があります。ダメージをしてない髪ほど水をはじきます。
この水をはじく性質を疎水といいます。

子供の髪の毛を想像すると分かりやすいかなと思います、キューティクルがしっかりしていて髪の内部がしっかりあるので水を跳ね返す力が強いんですね。

逆に水を吸い込みやすい性質が親水性といいます。

ダメージを受けるほどにキューティクルが剥がれ穴があき、髪の内部が流出して空洞ができます。
そうすると空洞に水が入りやすくなり髪の毛が水をたくわえてしまします。

空洞が出来る分髪の毛にハリがなくなりぶよぶよした質感になります。
そして親水性になった髪は水分をたくわえるけど乾くと水分をたくさん吐き出す性質に変わってしまします。

ブリーチをしてダメージが大きい髪の毛をイメージするといいと思います。
ダメージを受けている毛先はいつまでたっても乾かない、乾くと思っている以上にばさばさです。

なのでダメージをうけて親水性になった髪の毛を疎水性に戻してあげることが必要なんですね。

水と油は反発しあう性質があります。

サロントリートメントなどをして油分を乗せて髪の毛を水をはじく性質に変えてあげることが髪の毛を疎水にしてあげることにつながります。

洗い流さないとトリートメントなども効果的です。

ダメージさせないことが一番ですが、カラーやパーマ、毎日のドライヤー、アイロンで髪はダメージし疎水性になります。

ヘアケアの必要性はこういった意味もありとても大切な事かなと思います。