Color joji Treatment Works

縮毛矯正後の髪をさらにきれいに見せる、春の艶カラーは暖色系!IRESUオリジナルのケアカラー

縮毛矯正後のヘアカラー、トリートメントのお客様

弱酸性縮毛矯正施術例!くせ毛が増えた!?そんなお悩みのお客様をキレイにします | IRESU小樽本店 (nbng01.jp)

今回は前回記事のお客様を、後日ヘアカラーでさらに綺麗にします!

 

before

まずはビフォーから。前回のアフターになりますね。

カットによるうねり、カラーダメージによるばさつきを一旦縮毛矯正で応急処置しました。

おさまりはとても綺麗になりましたが、根元のプリンと色ムラが気になりますね

細かく解説するとこんな感じで、三段階の状態。

11トーンの明るいところが一番ダメージしています。

カラー剤はトーンが明るいものほどアルカリ量が高く髪を痛めます。

髪は元々弱酸性 ph4.5~5.2 の安定している状態から

カラー剤はというとph9~11

弱酸性からphを上げてアルカリに傾けキューティクルを開き脱色を行いながら色が髪の毛の中に入っていきます。

この時にキューティクルを開くことで空いた穴が完全には戻らないことが、ダメージとなります。

キューティクルを開いた髪はデリケートでシャンプー時の水圧ですらダメージになるといわれています。

ただカラーし続けるするだけは、どんどんダメージを重ねるだけ。

そこでIRESUではカラーのダメージを抑えるため 三つの工夫に取り組んでいます!

 

1.薬剤の塗り分け

今回のケースだと地毛の5トーン部分は1回もカラーしてないので、しっかり染めるためある程度のパワーが必要です。

根元のパワーと同じだと染めたてはきれいでも時間が経つごとに染める前より明るくなってしまいます

 

2.アルカリ除去

シャンプー前に髪のphを弱酸性に戻す行程を行います。

これをやらないとアルカリが髪の中に残留し続けてしまい、すぐに色が抜けてバサバサになってしまいます

3.色素と栄養補給の同時進行

カラー剤がキューティクルを開いて色素が入っていきますが、色素と一緒にトリートメントも髪の内部に浸透するオリジナル調合です!

カラーは20分ほど置きますが、薬剤にトリートメントも一緒に入っててトリートメントも20分浸透

最後にシャンプーあともう一度仕上げのトリートメントで2回トリートメントを行っています!

after1

 

 

 

 

before→after

before

 

 

均一な色に仕上がりました!

黄色く抜けていた部分をきれいに見せたかったので、ピンクベースにバイオレットカラー

黄色の反対色はムラサキなので、黄色味を消しながら1番色を綺麗に入れてくれます。

室内

自然光

外と室内はここまで差がありますが

均一にケアしながら染めるとこんなにきれいになります!

あとは通っていただいた分だけ、さらに色のもちも状態も整ってきれいになります。

お問合せ

気軽にご相談ください!!

 

ラインで相談する

IRESU小樽店

 

相談する

バナーからお友達追加なしでもご相談できます!!

扱いやすさが違います♪小樽の美容室IRESUで縮毛矯正をご体験ください♪

カット、縮毛矯正トリートメントスパでご来店のお客様 今回は4ヶ月ぶりに矯正をかけさせていただいたお客様のご紹介です。 根本からのうねりが強く、なおかつショートスタイルなので軽さがある分余計膨らみが気に ...

続きを見る

 

電話で相談する

IRESU小樽店

TEL 0134-24-37073

 

ネットで簡単予約

予約する

 

[instashow]

詳しくはコチラ


-Color, joji, Treatment, Works

Copyright© IRESU小樽本店 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.